「日清ラ王」×「DELISH KITCHEN」 定番商品の“付加価値”をいかに伝えるか?

Date: 2017年06月06日

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=0e1da76622fc04ad6256ae33e5c7dbddea199b146b5baf7ebfb58813ecb19a85

ノンフライ袋麺の定番「日清ラ王」。ラーメンとしての食べ方だけでなく、さまざまな料理の素材として活用できる魅力を伝えるために、日本最大級のレシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」とコラボレーションした。レシピ動画を制作した背景から効果までを日清食品 マーケティング部 第5グループ 棚橋麻衣子氏と、「DELISH KITCHEN」シニアブランドコンテンツディレクターの三ツ中菜津美に伺いました。

袋麺を料理の素材へ アレンジレシピを提案


棚橋:「日清ラ王」が属するノンフライ袋麺市場は一時期ブームになり、売上が大きく伸びましたが、その良さが広く浸透したことで市場は落ち着いている状態。改めて、既存のお客さまの喫食機会を増やし、新規のお客さまにお試しいただくために、ラーメンとして食べるだけでなく、料理の素材として日常づかいができる“付加価値”を伝えていこうと考えました。

「日清ラ王」はラーメンの王様の名の通り、当社の最新技術を使った「麺」に特にこだわった商品です。ノンフライなため、料理の味を損なわず、さまざまな活用が可能です。


三ツ中:最初のお取り組みでは「日清ラ王」を使った“おうちまぜそば”を広めていきたい、というご依頼をいただきました。

“おうちまぜそば”は「日清ラ王」の麺と調味料でできる汁なしの料理。複数のアレンジレシピを提案させていただき、完成したのが「日清ラ王 味噌」を活用した「柚子胡椒まぜ
そば」です。ひき肉に「日清ラ王 味噌」のスープと柚子胡椒などを加えて、レンジで簡単につくれるレシピにしました。


棚橋:アレンジレシピは当社からも発信していますが、さらにお客さまの共感を生む内容にするために、今回は献立に悩む主婦層に向けて、第三者的な立場から発信してもらいたいと企画しました。

レシピ動画メディアは複数ありますが「DELISH KITCHEN」は国内フォロワー数No.1で、アクティブなユーザーが見ている印象を持っていました。日頃からレシピ動画を献立づくりに役立てているユーザーに見ていただけることで、より多くのお客さまに「日清ラ王」のレシピをお試しいただけると考えたのです。


三ツ中:日々、料理をする主婦の悩みはつくり方ではなく、献立づくりにあることが多いです。まさに「DELISH KITCHEN」は、そうした悩みを持つ人たちの課題を解決したいという思いを持って運営しています。


棚橋:実際に「柚子胡椒まぜそば」を食べてみて「日清ラ王 味噌」に柚子胡椒が合うことに驚きました。それに、ひき肉はフライパンで炒めないと風味が出にくいと思っていましたが、レンジだけでもおいしくできました。

鍋もフライパンも使うとなると、洗い物に手間がかかってしまうと嫌がる人もいます。


三ツ中:「誰でもおいしく簡単につくれるレシピ」をコンセプトに動画を制作しているので、料理初心者の方でもつくれるように材料や調理工程を工夫しています。

「日清ラ王」は調味料がしっかりとつくられているので、難しい工程がなくてもきちんと味が決まるんですよね。



パッケージからレシピ動画に誘引 つくり方を分かりやすく伝える


“a“
左)レシピ動画「柚子胡椒まぜそば」。FacebookとInstagramで合計40万リーチ。左から二番目)レシピ動画「上海焼そば」。認知拡大も目的だったため、商品を冒頭で紹介した。左から三番目)レシピ動画「包まないめん餃子」。麺を刻むことで皮を使わないで、餃子にできる。右)「日清ラ王 上海焼そば」パッケージの側面。「DELISH KITCHEN」のロゴとレシピ動画へのQRコードを掲載。


棚橋:新商品「日清ラ王 上海焼そば」でも「DELISH KITCHEN」を活用しました。これまでの「日清ラ王」の袋麺は鍋でつくるものでしたが、こちらはフライパンひとつでつくる商品のため、お客さまが作り方に戸惑うのではないかと考えました。

そこで、作り方を「DELISH KITCHEN」のレシピ動画にしてお伝えすることを思いつき、さらに商品パッケージに動画へ誘引するQRコードを掲載しました。


三ツ中:「DELISH KITCHEN」としても、商品から動画へ誘導させる試みは初めてで、商品を見たときに感激しました。

今回は動画の中では“商品の見せ方 ”に工夫をしています。今回は新商品のため冒頭でパッケージを見せ、先ほどの「柚子胡椒まぜそば」では初めにあえて商品を見せず、調理工程の中で実は「日清ラ王」を使っていたことが分かる動画構成にしました。


棚橋:そうですね。「上海焼そば」は新商品ですので、商品の認知拡大も狙っています。SNS上でも「こんな商品があったんだ」というコメントもあって、知ってもらえるきっかけになったと思います。

特にSNS上のユーザーのコメントに、丁寧に対応してもらえたことも良かったです。動画を見た人からの「この部分はどうするの?」という投稿に対して、「こうしたら上手くできますよ」と返事をしていただいているのを見て、ありがたかったです。



ヒットコンテンツを分析 動画のエンゲージメント率を伸ばす


棚橋:3本目の試みとして、「日清ラ王冷し中華」を使ったレシピ動画「包まないめん餃子」を配信しました。これは麺を細かく刻んで、ひき肉と一緒に混ぜて、フライパンで焼くレシピ。麺を切るというアイデアは、メーカー側からは出てこない新しい発想で社内で
も好評でした。


三ツ中:ラーメンという枠組みから離れた料理にチャレンジしたいと思い、提案したレシピです。当社フードコーディネーターと試作をする中で、「日清ラ王 冷し中華」のスープはりんご酢が効いているので、餃子のつけダレとして使うことを思いつきました。

普通の餃子ですと包む手間がかかるため、麺で整えることで包まなくても済む点がユーザーに受け入れられると思いました。


棚橋:「DELISH KITCHEN」 は 過去のレシピ動画の分析データと、再生させるためのノウハウを持っているので、安心してお願いできます。


三ツ中:動画のエンゲージメント率を伸ばすためには、レシピに意外性のあるアレンジなどのひと工夫を加えることと、冒頭の完成料理カットでシズル感を出すことが大切です。

あとは、実際にご自宅でつくっていただけるように身近な食材を使うこともポイントで
すね。


棚橋:今後も「DELISH KITCHEN」からは主婦層のニーズや、献立に悩むユーザーの生の声をご提供いただきたいと思っています。さらに、店頭でもレシピ動画を見てもらう展開を考えていきたいです。


“a“