NEWS

2017.11.27ニュースリリース

株式会社エブリー・代表取締役 吉田大成がForbes JAPAN 日本の起業家ランキング2018 ライジングスターアワードで第1位に選出

本日プレスリリースを配信いたしました。

株式会社エブリー、ならびに代表取締役の吉田大成が、2017年11月25日発売『Forbes JAPAN 2018年1月号』掲載の「日本の起業家ランキング2018 ライジングスターアワード」にて、第1位に選出されました。

コーポレートロゴ

Forbes JAPANロゴ

株式会社エブリーは、代表取締役の吉田大成を中心に、2015年9月に創業いたしました。「動画を通じてもっと楽しく、もっと充実した毎日に」をモットーに、DELISH KITCHEN、KALOS、MAMADAYS、TIMELINEの4つの動画メディアを通して、料理、家事育児、美容、ファッション、ニュース、ライフスタイル、エンタメなど、幅広いジャンルの動画を現在月間4,000万人以上にお届けしております。

創業と同時に、共同創業者の菅原千遥(現DELISH KITCHENカンパニー長/編集長)により、レシピ動画メディア『DELISH KITCHEN』のサービスを開始し、2016年12月には同アプリをリリース。2017年4月に全国でテレビCMの放映を始め、同月にはApp StoreならびにGoogle Play(™)の総合ランキング第1位を同時に獲得いたしました。そして、アプリリリース後わずか1年未満で900万ダウンロード、月間動画再生回数5億2,000万回*を超える、日本最大級のレシピ動画メディアにまで成長させてまいりました。

Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2018 ライジングスターアワード」は、読者が中心となって次代を担うスタートアップを決めるアワードです。Web上での一般投票と評価委員によって、このたび、株式会社エブリーと代表取締役の吉田大成が第1位に選出されました。選出の結果とコメントは、2017年11月25日発売『Forbes JAPAN 2018年1月号』に掲載されております。

創業からこれまで株式会社エブリーを支えていただいた関係各社様、クライアント様、ユーザーの皆様、エブリーに関わっていただいているすべての方々に感謝するとともに、今後も、よりいっそう人々のライフスタイルを豊かにする事業を展開してまいります。

*SNSアカウントでの月間再生回数を含む


詳しくはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000018729.html

←前の記事へ