NEWS

2020.04.22ニュースリリース

株式会社エブリー、大型連休の祝日を年内自由取得できる特別休暇制度を導入!本年は夏季休暇も年内いっぱいの自由取得を推奨し、従業員の充実した休日取得をサポート

 『DELISH KITCHEN』をはじめとした動画メディアを運営する、株式会社エブリー(本社:東京都港区、代表取締役:吉田 大成)は、国内における「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の感染拡大を受け、4月末からの大型連休期間の祝日、および夏季休暇を年内に自由取得できる制度を導入いたします。「緊急事態宣言」の発令によって、外出できない状況下での休暇取得を従業員に強制せず、「緊急事態宣言」解除後に充実した休日取得ができるよう推奨してまいります。



 本来であれば大型連休の期間は、従業員が業務から離れ、帰省や旅行、余暇に時間を充ててリフレッシュをはかる機会です。しかし新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、本年は大型連休の期間も不要不急の外出を避け、自宅に留まってもらうことが従業員の安全配慮の観点で重要と考えています。

 そのような状況でも従業員に充実した休日取得を推奨していくため、本年は大型連休期間の祝日も営業日として運営し、従業員は当該祝日に勤務した分を特別休暇として本年4月27日(月)〜12月29日(火)の期間内にて取得可能とする制度を導入することを決定しました。また、これまでは7月〜9月の期間を対象にしていた夏季休暇も、本年は年内に自由取得できるように休暇制度を変更いたします。

【大型連休の祝日 年内自由取得について】
対象:正社員、契約社員
対象日:2020年4月29日(水)、5月4日(月)、5月5日(火)、5月6日(水)

【夏季休暇 年内自由取得について】
対象:正社員、契約社員
付与日数:計3日間

 本休暇制度の導入に伴い、大型連休期間における当社の営業日は変更となりますが、各サービスの運営および顧客対応は変わらず実施いたします。関係者の皆様におかれましては、何かお気づきの点やご不明な点がございましたら、弊社担当者までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

 株式会社エブリーはこれまでも、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の感染拡大に伴い、2月末より全従業員を対象に在宅勤務を認める以外にも、出社を伴う業務削減のために契約締結電子化を導入するなど、感染拡大防止のために様々な対応策を実施してきました。今後も必要に応じて、対応策を講じてまいります。

←前の記事へ